宙に浮く階段?!のあるインダストリアルデザインのお家

 

こんにちは!
私は兵庫から京都まで1時間30分ほどかけて出勤しているので朝が比較的早いほうなのですが、朝起きて外を見ていると全然明るくない…、段々と秋冬にすこしずつ近づいてきているのだとあらためて実感しました。

さてこの度、お客様のご厚意もあり、完成見学会を開催する運びとなりました。今、住宅を検討されておられる方も、これから住宅を検討される方ももしご興味があればご覧になられませんか?

モデルルーム、モデルハウスはどこの工務店も豪華な仕様になっており、生活をするイメージがなかなか湧きません。家を建ててから「こんなはずじゃなかった」とならないためにもいろいろな住宅をご覧いただけますと幸いです。
こちらが今回開催させて頂く、完成見学会のご案内になります。もし、ご興味があれば内覧頂けますと嬉しく思います。

 

【島本エリア:『宙に浮く?!階段のあるインダストリアルデザインのお家』完全予約制完成見学会】

完成見学会のメインページ

『宙に浮く?!階段のあるインダストリアルデザインのお家』完全予約制完成見学会

開催日

9月08日(土) 10:00~18:00
9月09日(日) 10:00~18:00
9月15日(土) 10:00~18:00
9月16日(日) 10:00~18:00
9月17日(月) 10:00~18:00

開催場所について

HPよりご予約くださいませ。ご予約頂けますと担当の者から改めてご連絡させて頂きます。

 

目次

  • 『宙に浮く?!インダストリアルデザインのお家』の3つの見所
  • お客様との出会いから完成まで
  • リヴの注文住宅って?完成見学会のご案内

 

『宙に浮く?!インダストリアルデザインのお家』の3つの見所

こだわりの木製サッシ

なかなかこの規模の木製サッシを備付けることはリヴでもあまり多くはありません。今回、お施主様のご要望で大開口の木製サッシは実現されました。
この規模の木製サッシになると枠もガラスもかなりの重さになり、工務メンバー・大工と協力して備え付けられました。木製サッシ、外壁の順に工事が進んでいくのですが、工事が進めば進むほどカッコよさが増してきました。
ガルバの外壁に木製サッシめっちゃカッコいい、、、。

木製サッシはほっこりとした温かみを味わうことができます。アルミや樹脂のサッシが普及した今の時代ですが、こだわりのポイントに木製サッシを選んでみるのはいかがでしょうか?

 

存在感抜群の片持ち階段

奥様旦那様のご要望の片持ち階段になります。片方階段の工事方法としていろいろな手段があるかと思いますが、今回は設計士の提案で壁をふかして、ふかした壁の中でしっかりと固定する方法を考えました。木材には構造材で使われる赤松を使用して、耐久性には重々注意しました。
片方の壁で支えられているので、無駄なものが一切なく、空間が最大限広く感じられる作りになっています。外から木製サッシを通して見る、この片持ち階段の迫力は是非たくさんの方にご覧頂けたらと思うポイントです。

お施主様、設計士の先生、私たちで相談しながら実現した片持ち階段になります。事前にプレカットも行っていたため、工事の難易度は高かったですが、現場としてスムーズに進みました。

仕上がるまでは本当に大丈夫なのだろうかと気になっていましたが、無事仕上がりました。アイアン手摺も必要な規格のみで大迫力なカッコいい階段になっています。

こだわり抜いた外観

今回のお施主様のお家では外観のことを中心に考えた窓の配置となっております。縦、横のラインを揃えるのではなく、ベランダの開口に合わせた窓のサイズにしたり、正方形に近い窓を選んだりと外観からの意匠性を最大限生かせられるように考えられています。
南東からの建物の姿はいろいろな雑誌に出てくるような建物にも張り合えるような見栄えになっております。
玄関はシンプルに、正面にはレッドシダー、外壁は金属サイディング、そして大開口の木製サッシ。これから、ウッドデッキも入ってくるのですが、ウッドデッキが仕上がって全てが完成するのが今からとても楽しみです。

イメージを絵(パース)で伝えられるのはすごい強みだと、いつもコーディネーターの方々に感謝しております。パースのイメージそのままに仕上がりました!ウッドデッキができるのが本当に楽しみです!

お客様との出会いから完成まで

お施主様との出会いは、昨年の9月頃でした。それまでに他の工務店などもご覧になられていたとのことで改めてリヴを選んで頂けたことを感謝しております。

お会いしてからはすぐにプランのご提案をするのではなく、内覧が可能な物件のご案内やリヴがどういった想いで住まいづくりをしているかをお話しさせていただきました。また、お施主様が建てられる土地の調べごとも平行してさせて頂いておりました。お施主様は何も悪くなかったのですが、特殊な登記の上がり方になっており、まずは土地に関わることが解決しないことには建築が難しく、旦那様と旦那様のお父様と協力して登記の問題を解決していきました。

土地の問題が解決する方向に向かってから間取りや仕様・意匠のお打合せに入っていったのですが、お施主様がされたいことはすごく明確で、設計士の方も私たちもいろいろと勉強させていただきました。お施主様のおかげで改めて、家づくり・住まいづくりは楽しいものであると実感させられました。

お打合せの途中にコーディネーターの岡本が描いたイメージパースになります。これから、このイメージが形になっていくことが楽しみといつもお打合せは盛り上がりました。

叶えたいことをお話しする一方でご予算のお話にもなりました。お施主様の場合ですと、優先順位がはっきりされておりましたので優先順位が高いものから選んでいき、優先順位が比較的低いものに関しては代替案のご提案をさせて頂きました。当初は1Fすべての建具を造作で作る事も検討しておりましたが、金額が高ぶれてしまうので本当に必要な部分についてご相談させて頂きました。LDKの比重が大きかったのでLDKを中心にいろいろと考えました。

その他にも、メーカーを統一したり、全てを造作で作るのではなくメーカーの商品を混ぜたりすることで少しずつではありますが金額を圧縮することは可能です。
また、本当に叶えたいことであるのであればご予算を増やすのも悪い選択ではありません。何十年と住まわれるお家になりますので、日々の使い勝手はとても大切になります。住宅ローンをたくさん組むのが正しいわけではありませんが、月々の返済の金額を見て、ご負担になられないようであれば叶えたいことを叶えるのも一つの選択だと思っております。

 

外部から続くように、内部も板張りが続いています。SCLにつながる三角形の仕上がりは奥様のご要望で、仕上がりを見に行った際には「おおっ!」と一人楽しんでおりました。

木製サッシが届いた日、現場監督の日下部の音頭で工務部の若手メンバーが集まりました。みんなで協力して、この大きな木製サッシは備え付けられました。関わったパートナー業者の方、社員の方々、設計士の先生、そして何よりお施主様といろいろな人の想いがあって素敵なお家ができあがりました。

初めてのお打合せをさせて頂いてから、請負契約に至ったのは2月の末でお施主様と出会ってから半年ほど時間が経ってからでした。そして、建物の完成予定は9月中頃を予定しています。どのお施主様でも言えることですが、設計が自由なフルオーダーの注文住宅が完成するまでには1年と少しの期間が掛かっております。注文住宅で建物を検討しておられる方は1年後、2年後のことを考えながら進めるのが良いのかもしれませんね!

 

リヴの注文住宅って?完成見学会のご案内

家へのこだわりは人によって様々。リヴでは、お客さまのそれぞれのこだわりに対応できる、構造やデザインのバリエーションがあります。お客さまの好きな雰囲気のお家はどんなお家でしょうか?間取りのこだわりはなんでしょうか?しっかり対話を重ねながら、ワクワクドキドキしながら、一緒に新しい家をつくっていきましょう。

リヴではフルオーダーの自由度が高くオリジナルの住まいとセミオーダーのプロが厳選した仕様でつくる4つのテイストの家があります。今回のお施主様のお家ですと、フルオーダーのお家になります。

それでは最後に改めて完成見学会のご案内をさせて頂ければと思います。

【島本エリア:『大きな木製サッシのあるお家』完全予約制完成見学会】

完成見学会のメインページ

『大きな木製サッシのあるお家』完全予約制完成見学会

開催日

9月08日(土) 10:00~18:00
9月09日(日) 10:00~18:00
9月15日(土) 10:00~18:00
9月16日(日) 10:00~18:00
9月17日(月) 10:00~18:00

開催場所について

HPよりご予約くださいませ。ご予約頂けますと担当の者から改めてご連絡させて頂きます。

 

【イベントのご案内】

■車好きの親子が叶えた『ビルトインガレージのある北欧テイストのお家』
同日、長岡京市でも完成見学会を開催致します。
もし、ご興味のある方は長岡京市のお家もご覧いただけますとうれしく思います。

車好きの親子が叶えた『ビルトインガレージのある北欧テイストのお家』

 

■『親子で学ぶ 防災フェスタ』
9月15日(土)弊社本社SU・BA・COにて『親子で学ぶ 防災フェスタ』を開催致します。
イベントを通じて改めて、防災について考え直すきっかけになればと思い開催致します。ご興味のある方は是非ご参加頂けますと幸いです。

9月15日(土)開催!参加費無料「親子で学ぶ防災フェスタ」

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
Kyohei
Hyogo Ashiya ⇒ Kyoto Nagaoka
京都で細々と生きてます。

よく「変なヒト」と言われます。
良くも悪くも独特な価値観を持っている「自由人」です。

「食」のこだわりが強く、お酒を飲むのが大好きです。
料理にあわせてお酒を変えたりと美味しい食べ方を模索中です。

宙に浮く階段?!のあるインダストリアルデザインのお家


2018.08.26

Kyohei Kyohei

LINE it!