10月20日(土)10月21日(日)開催 向日市『竹の径 かぐやの夕べ』

こんにちは!今年の台風の多さには本当に驚かされています。今年、日本全土に上陸している台風の数は10月1日の時点で6つもあり、10月6日7日8日の台風が逸れてくれること願っています。

さて、本日は以前にもご紹介させていただいた『竹の径』で『かぐやの夕べ』というイベントが開催されますのでご紹介できればと思います。
10月20日、21日と開催されますので、ご興味のある方、ご興味を持っていただいた方は是非行かれてみてはいかがでしょうか?

目次

  • かぐやの夕べとは
  • 『竹の径』とは
  • アクセス

・かぐやの夕べとは

開催日/開催時間
■10月20日(土) 17:30~20:30
■10月21日(日) 17:30~20:00

会場
■『竹の径』 第6向陽小学校付近

諸注意
■足元が暗いので、必ず懐中電灯をお持ちください。
■駐車場はありませんので、車・自転車・バイクでのご来場はご遠慮ください。会場へは、徒歩・公共交通機関・無料シャトルバスをご利用くださいませ。

乙訓地域は全国でも有名な良質なたけのこの産地として知られています。その乙訓地域、向日市北西部、向日丘陵の中に『竹の径』はあります。『かぐやの夕べ』は、竹筒を作成するため放置竹林を伐採することで、竹林の整備を図ることを目的に始まったと言われております。

引用:京都府向日市歴史・観光サイト

夕方、今の時期ですと18時を廻ると『竹の径』は真っ暗になりますが、10月20日、21日は夕闇深まるこの竹林一体に4000本以上の竹行灯の明かりが灯ります。昼の涼しげな竹の径を楽しむも良いですが、夜のライトアップされた竹の径を楽しむのも一興ではないでしょうか。

引用:京都府向日市歴史・観光サイト

当日は竹行灯でライトアップされる他にも音楽ステージや飲食ブースなどのさまざまなイベントが開催されるとのことで、お気軽にお越しいただけるのではないでしょうか?

・『竹の径』とは

『竹の径』は向日市の向日丘陵にある竹林で、平成12年頃から環境整備がされてきました。『竹の径』は、竹の枝を束ねた「竹穂垣」をはじめ、丸みを帯びた古墳の形を表現した「古墳垣」、かぐや姫の十二単衣の襟元をイメージした「かぐや垣」などオリジナルを含めて、8種類の竹垣が整然と連なる全長約1.8kmに及ぶ竹林道です。

「全国遊歩百選」や「歩きたくなるみち500選」や「京都府景観資産」や「京都府文化的景観」に選定されるなど、多くの方に親しまれています。

また、先日のじゃらんニュースの『新緑空間で癒やされたい!今が見頃の”グリーン映え”絶景スポットランキング』にて行ったみたい新緑絶景ランキングで1位にランクインしたそうです!!

以前、私もおとくにオリーブの木で『竹の径』をご紹介させて頂きましたので、もしよろしければご覧頂けますと嬉しく思います。

引用:じゃらんニュース『新緑空間で癒されたい!今が見頃の“グリーン映え”絶景スポットランキング』

じゃらんで1位に選ばれた向日市の避暑地!新緑空間『竹の径』

・アクセス

アクセス方法は、向日市市内を走るバスが便利です。徒歩でもお越しいただけますが、駅からは少々遠くなるので注意が必要です。

住所:京都府向日市物集女町長野  ←クリックでGoogleMapが開きます
(1)阪急京都線 洛西口駅からバスで3分  向日回生病院前から徒歩で5分  
(2)JR京都線 桂川駅からバスで8分  向日回生病院前から徒歩で5分
(3)阪急京都線 東向日駅から阪急バスで6分  東山から徒歩で7分
(4)JR京都線 向日町駅から阪急バスで8分  東山から徒歩で7分

引用:Google map 住所:京都府向日市物集女町長野 『竹の径』

引用:Google map 航空写真 住所:京都府向日市物集女町長野 『竹の径』



  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
Kyohei
Hyogo Ashiya ⇒ Kyoto Nagaoka
京都で細々と生きてます。

よく「変なヒト」と言われます。
良くも悪くも独特な価値観を持っている「自由人」です。

「食」のこだわりが強く、お酒を飲むのが大好きです。
料理にあわせてお酒を変えたりと美味しい食べ方を模索中です。

10月20日(土)10月21日(日)開催 向日市『竹の径 かぐやの夕べ』


2018.10.05

Kyohei Kyohei

LINE it!