平面の絵がこんなにも立体的に!?シャドーボックス教室開催

こんにちは。吉本です!
本日は、近年日本で大人気のシャドーボックスについてご紹介いたします。
皆さん、シャドーボックスはもうご存知ですか?
知られているようでまだまだ知られていないシャドーボックスの奥深い歴史も合わせてご紹介していきます。


 

 

目次

  • シャドーボックスとは
  • 人気の理由
  • 教室開催情報

 

 

・シャドーボックスとは

紙に描かれた絵や模様の切り抜きを、台紙の表面に何枚も重ねて貼ることで立体感を出します。
コーティング剤を塗り重ねると絵を忠実に再現することができる立体アートです。

作品に光をあてると影(シャドー)ができることからこの名がついたと言われています。
また、他では『デコパージュ』とも称されております。フランスで『デコパージュ』は、紙の模様を切り抜いたり切り裂くという意味があるためその名の由来となっています。

17世紀にヨーロッパで流行したことをきっかけに貴族の間で人気に。
本来、木工品や陶器などに絵を貼り付ける手工芸でしたが、後に伝わったアメリカでアレンジされて立体の絵を額縁に入れる現在の姿になりました。
ヨーロッパ各国をはじめ、日本でも芸術として高い評価をうけており、近年では気軽に楽しめるアート作品として注目されています。

 

・人気の理由

自分の好みの絵や模様が選べて、お部屋に飾ったりメッセージカードにできるなど、使い用途がたくさんあるために人気を集めています。
また、出来上がりの完成度が高いことから、さまざまなパターンのシャドーボックスを作るという方もたくさんいらっしゃいます。

・教室開催情報

今回ご紹介したシャドーボックスですが長岡京市で定期的に教室が開催されています。
ご興味のある方は是非一度体験してみてください。

開催場所:株式会社リヴ 長岡京支店
KURASHI STUDIO カフェ
下記をクリックすると株式会社リヴ 長岡支店にアクセスできます↓

店舗案内・アクセス


開催日時:毎週月曜日 13時~15時
毎週金曜日 10時~12時
※月により休講する場合がございます。
あらかじめご確認ください。
参加費用:1200円(ワンドリンク代含む)
材料費別途

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
吉本みさき

吉本みさき

京都生まれ京都育ち。インテリア雑貨や家具を見ること、観光、食べ歩きなどが趣味です。このブログを通じて、住まいに関するお役立ち情報を随時投稿していきたいと思います。

平面の絵がこんなにも立体的に!?シャドーボックス教室開催


2018.02.15

吉本みさき 吉本みさき

LINE it!