9月9日開催!300年の歴史を誇る御田刈祭(みたかりさい)

皆さん初めまして。
今年の4月に入社しました木村です。工務部 施工管理課で日々勉強をしています。
私は産まれも育ちも大原野なのでこれから地域の情報をどんどん発信していきたいと思います!!

さて、早速ですが、皆さんは御田刈祭というお祭りがあることはご存知でしたか?
「お祭り」はお祭りでも、ちょっと変わった、でも300年も続くお祭りなのです。

ちょっと、気になったそこのあなた。是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

らくさいトコトコから引用

目次

  • 卸田刈祭とは
  • 大原野神社で開催します
  • 木村’sPhoto album
  • まとめ
  • アクセス

 

御田刈祭とは

毎年9月の第二日曜日(2018年は9月9日)に大原野神社で開催されるお祭りで、鳥居から続く道では屋台が立ち並び、地元の子供たちでとても賑わいます。
このお祭りは、江戸時代の享保2(1717)年に始まり、300年近く途絶えることなく続いている長い歴史あるお祭りと言われています。
そんな御田刈祭の見所は、他のお祭りではあまり見ることの無い珍しい神事である『特殊神事 神相撲』と言われるものです。もちろん無料で見る事ができます。
大原野神社の境内には土俵があり、地元小学生による相撲大会では真剣に取り組む白熱した戦いはとても圧巻です。また赤ちゃんの土俵入りもあり、楽しそうに笑う子や泣き叫ぶ子と様々でほっこりします。

おかげさま日記から引用

実は私も小学生の頃、この神相撲に参加したことがあります。
実は大原野小学校には他の小学校には珍しい土俵があり、大体8月頃になると、体育の授業や昼休み時間に相撲の練習があったり。
本番前になると本物のまわしをしてくださり、恥ずかしさもありつつどこが気合が入るような不思議な感覚を今でも覚えています。

 

大原野神社で開催します!

御田刈祭が開催される大原野神社、実は奈良春日大社の第一のご分社であり、別称「京春日」とも呼ばれています。

春日大社の分社だけあって境内は鹿で溢れています。
鹿の手水舎
・狛犬ならぬ狛鹿
鹿のおみくじ
お守りにも鹿が描かれていたり・・・

また四季も感じられ、秋には紅葉の名所としても有名です。
境内には、奈良の猿沢池を模した鯉沢池も作られており、紅葉の頃は雰囲気の良い景色になります。

京都写真家今宮康博から引用

春には、参道の右手に「千眼桜」と呼ばれる桜の木が植えられており、数日しか咲かない為幻の桜とも呼ばれています。運よく咲いている姿を見ることができたら千願(せんがん)が叶うと言われるパワースポットです。

大原野神社から引用

人も少ないので穴場スポットですよ。

 

木村’s photo album

大原野神社 鳥居

鹿の手水舎

狛犬ならぬ狛鹿

鯉沢池

まとめ

いかかでしたか?
9月9日 大原野神社で開催される御田刈祭に行けば珍しい神相撲も神社の雰囲気や紹介したポイントも観覧できる上にお祭りを味わえるなんて最高じゃないですか?
是非みなさん僕の一押し大原野神社に行ってみて下さい!

 

大原野神社へのアクセス

少し駅から遠いですが駐車場もございます。
また公共交通機関もございますので下記にてご案内します。

車でお越しの方
大阪・名古屋方面より 京都第二外環状道路「大原野IC」から車で約7分 約3km

京都府北部(亀岡・舞鶴)方面より 京都縦貫道「沓掛IC」から車で約10分 約3km
周辺は生活道で道が狭くなっております。気をつけてお越しください。

公共交通機関でお越しの方は
阪急東向日駅・JR向日町駅より
阪急バス「南春日町行き」に乗車  終点「南春日町」下車(乗車時間約20分)
山の方へ向って徒歩7~8分

阪急桂駅より
市バス臨西2番に乗車  終点「南春日町」下車(乗車時間20分)
山の方へ向って徒歩7~8分

タクシーでは
阪急東向日駅、阪急桂駅、JR向日町駅より約15分(約7km)
料金は1,500~1,600円程度

大原野神社から引用

  • シェア
  • twitter

9月9日開催!300年の歴史を誇る御田刈祭(みたかりさい)


2018.08.17

彰太木村

LINE it!