意外と知られていない?!エゴマ油で栄えた街、大山崎町

初めまして。
4月に新卒で入社しました佐々木美祐です。
大山崎出身なので大山崎のことならNAVERまとめに負けない自信があります!どうぞ宜しくお願いします。

いきなりですが、皆さんは『エゴマ油』をご存知ですか?
一時期TVなどでも健康に良いことで取り上げられていたのですが、実はこの『エゴマ油』によって栄えた街が大山崎町なのです。
今回は、そんな大山崎町に纏わるエゴマ油についてお話します。

目次

  • 実は、エゴマ油で栄えた町大山崎
  • エゴマ油って?
  • エゴマ油の効果
  • 危険!正しく扱って
  • まとめ

 

実は、エゴマ油で栄えた町大山崎

大山崎町はエゴマ油によって栄えた豊かな街でした。
平安時代から京都の寺社で灯明として用いられており、鎌倉時代に生産量が増加したのに伴って、神人たちは油を安定的に供給するために油座という同業者組合を設けました。大山崎油座と強い結びつきがあった離宮八幡宮は、日本における製油発祥の地であり、日本で唯一の「油の神様」として今も親しまれています。離宮八幡宮で販売されているエゴマ油は特別仕様で、袋には油像が描かれており、エゴマ油の解説がついています。

エゴマ油って?

エゴマ油とはシソ科植物のエゴマの種子から抽出された油です。このエゴマの葉っぱがシソの葉っぱに似ていることから、シソ油と呼ばれることもありますが、私たちになじみのあるシソとはまた違います。味ももちろんシソとは違い、やや癖のある匂いと味です。
そんな癖のあるエゴマ油ですが、健康食品として注目されている油なのです。

エゴマ油の効果

ここまで大山崎町がエゴマ油に所縁があることをお話ししましたが、実際にエゴマ油にはどのような効果があるのでしょうか。
エゴマ油には下記のような成分が含まれています。

①α-リノレン酸
「オメガ3脂肪酸」と呼ばれる種類の油の成分で、青魚に多く含まれていて健康に良いとして有名なEPA/DHAと同じ仲間。

②ロズマリン酸
ポリフェノールの一種で、アレルギー症状を和らげたり免疫力を高める効果の他にも、認知症予防うつ病の改善など、脳の健康に効果がある成分。

③ルテオリン酸
ハーブ類に含まれていることが多いフラボノイドの一種であり、アンチエイジングダイエット効果があるとされています。八幡宮限定として販売されているエゴマ油は、健康・ダイエット祈願の「御神油(荏胡麻油)」を授与したもので特別仕様です。これを聞くと今すぐにでも料理に取り入れたいところですが、取扱いに気を付けてほしい繊細な油でもあるのです。

危険!正しく扱って

安心してください。エゴマ油そのものや含まれている成分が危険ということではありません。
ただ、最大限の効果を感じていただくには正しい摂取方法が重要となってきます。エゴマ油の注意点は

①熱に弱く、酸化しやすい
②最低摂取量を知るの2点です。

実はエゴマ油はほかの油に比べて加熱することで成分が変化しやすく、酸素に触れると酸化しやすいあぶらなので長期保存に向いていないのです。そのため、保存する時は直射日光を避けるのは当然のことながら保存する容器も日光や空気をできるだけ遮断するものでなければなりません。
健康に良いと聞くと、できるだけたくさん摂ろうとする方が多いのですが、過剰摂取するとかえって体に毒となります。そのため健康的に使うためには、一日の最大摂取量は大さじ1杯弱です。

保存方法のポイントは冷蔵庫で保存。1か月で使い切る。ことです。

炒め物や熱いものにかけては効果が薄れるのでサラダ、卵かけごはん、冷やしうどん、冷たい蕎麦、などにかけて食べるのが良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
大山崎町で山崎の合戦は有名な話ですが、大山崎町に位置する離宮八幡宮がエゴマ油の発祥の地と知っていた方は多くはないのではと思います。
その上健康にも良いとは!少しエゴマ油を身近に感じていただけましたでしょうか。
エゴマ油を使われる健康食品だから過剰摂取するのではなく、正しい知識と使い方を理解してから使用してくださいね。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
4月に入社しました!佐々木美祐です。
大山崎生まれ、大山崎育ち、大山崎のことならNAVERまとめに負けません!笑
趣味は美術館巡りです。
そして、日本で一番おすすめの美術館はアサヒビール大山崎山荘美術館です!
どうぞよろしくお願いいたします。

意外と知られていない?!エゴマ油で栄えた街、大山崎町


2018.08.13

佐々木 美祐

LINE it!