絵が立体的に!? 長岡京市で開催!趣味に最適!プレゼントにも最適!【シャドーボックス教室】

こんにちは。10月ももう少しで終わりですね。読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・と色々な表現がされるこの季節。

今回はとっても素敵な趣味になること間違いなし!な、お教室「シャドーボックス」をご紹介いたします!

目次

  • シャドーボックスとは
  • シャドーボックス教室の内容
  • 連絡先

 

シャドーボックスとは

皆さん、シャドーボックスという言葉を聞いたことありますか?
シャドーボックスは別名、シャドーアートとも呼ばれています。
シャドーは日本語訳すると「影」ですよね。シャドーボックスに光をあてると影ができることからこの名前がついたようです。シャドーボックスは影のアートということです!

 

まどろっこしい言い方となりましたが、、、、
シャドーボックスとは「同じ絵を何枚も何枚も切り貼りしていくことで、1枚の平面的な絵が立体的になる!」というアートです。(複数枚、絵を貼っているため光を当てると影ができます!)

ちなみにこのシャドーボックスの歴史は古く17世紀にまでのぼると言われています。今回ご紹介する教室の先生もアメリカに住んでいた頃に学んだそうです!

では、教室の流れを説明します!

シャドーボックス教室の内容

①準備物はこちら

準備するものは、カッター、カッター板、キッチンペーパー、ピンセット、シリコン、ニス、筆、モデラーです!

②まず立体的にしたい絵を選びます。普通のコピー用紙で大丈夫です!

 

③選んだ絵を複数枚コピーします。そして、切る部分を赤色でチェックを入れます!


④そしてカッターを使って切っていきます!!

⑤あとはモデラーとシリコンを使って絵を貼っていきます!

貼るといってもただノリ付けするのではなく、モデラーを使いながらシリコンを丸くし、高さを出していきます。

違う絵の写真となりますが、横から見るとこのような感じです★

⑥シリコンで絵を重ねていき、最後にニスを塗ります!絵は平均7枚から8枚とのことです。大作になると10枚上になることも!

ニスを塗ると、普通のコピー用紙にテカリが出て、いつもと違った雰囲気になります♪

額縁に入れるとまたグンっと素敵になりますね♪

生徒さんにお話を聞いていると、

「はじめはただの紙切れだった絵が、立体的になっていき、そして完成するととても嬉しい」とおっしゃっていました!

みなさん和気藹々とお話をしながらレッスンされています♪

プレゼントにもコレクションにも最適なシャドーボックス!

ご興味ある方は是非、一度問い合わせください★☆★

連絡先

□シャドーボックスサークル (岡本先生)
□連絡先:090-6758-1639
□場所 :KURASHI STUDIO / 長岡京市今里西ノ口13-1 ラ・グラシューズ1階

それでは今週も元気いっぱいお過ごしください♪

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
十河さなえ

十河さなえ

京都生まれ、京都育ち、京都在住、趣味は旅行やアウトドア、散歩など出かけること、昨年は毎月国内旅行を目標にしていました。このブログを通して京都のおすすめ情報をお届けします!

絵が立体的に!? 長岡京市で開催!趣味に最適!プレゼントにも最適!【シャドーボックス教室】


2018.10.29

十河さなえ 十河さなえ

LINE it!