大山崎町の自慢はここ! 木造エコ住宅【聴竹居】

こんにちは!
大山崎のことならNAVERまとめに負けない!佐々木みゆです。
今回も大山崎町のおすすめスポットついてお話させていただきます!

 

目次

  • 聴竹居について
  • アクセス
  • まとめ

 

聴竹居について

大山崎町の観光名所といえば、何を思い浮かべられますか??
「サントリー山崎蒸留所?(こちら実は大阪府島本町に位置しています)」
「サントリービール工場もあるよなあ(こちらは長岡京市です)」
「そしたら大山崎町ってなにがあるんだろう?」
『それが!たくさん観光名所があるんですよ!!』

今回私がおすすめする場所は、こちら!
『聴竹居』です。

「竹の音を聴きながら暮らす住宅のこと…?」
そうです。たくさんの緑に囲まれた木造エコ住宅です。

大山崎町の天王山の麓の佇む、このお家が作られたのは今から100年程前のこと。
お家のテーマは「住宅は夏を旨とすべし」
こちら、兼好法師の言葉を建築家 藤井厚二先生も伝承されたものです。
高温多湿の日本の夏を快適に過ごしたい!という考え方です。
これから、我らが大山崎町民誇る!聴竹居の魅力についてひとつずつお話しますね。
藤井先生は、『住宅は、日本の気候・風土、日本人に合ったものでなければならない。』と考え、
自邸を実験住宅として建てていきました。
その5回目の実験住宅が「聴竹居」なんです♪

以下の図のように、日本の夏を涼しく健康に暮らす工夫がなされていますよ。
平面図と断面図を照らし合わせてみてください♪

 

出典:聴竹居 藤井厚二の木造モダニズム建築/松隈章

注目ポイントは『クールチューブ』!
…はて?
このお家の下の方には小川が流れていて、そこからこのチューブを通して涼しい風を取り入れるのです。
これぞ自然のクーラー!もちろん冬は塞げるようになっていますよ。

性能だけでなく、デザインもものすごーーく凝っています。
下記をご覧ください。たくさんの工夫がぎっしり。書ききれません。

このお家の中で最もおすすめの場所は、縁側です。
中と外を繋ぐ場所であり、自然との一体感が感じられます。
写真を載せることができないのが残念ですがとっても素敵ですよ♪
私の拙い文章では伝えきれないのが悔しいところですが、見学へいくとひとつひとつ解説してくださるんです。
そのお話がまたとっても魅力的。

アクセス

さて、こちらの聴竹居どこにあるのでしょうか。
大山崎町(ハートの形ですよ♡)内にある聴竹居を上から見るとこのような感じ。

聴竹居までは、天王山の麓に向かって徒歩で向かいます。

JR山崎駅から踏切を渡って行きます。

踏切を渡って、

中央の道から少し坂を上っていきます。

ぐんぐん上っていくと見えてきました『聴竹居』!!

聴竹居見学帰りにランチ

たくさんの自然を感じたら腹すいてきませんか?
そこでおすすめのお店がこちら。
以前ご紹介した『Restaurant tagami』さんです。

大山崎のオシャレカフェはココ!『Restaurant Tagami~タガミ~』

阪急大山崎駅とJR山崎駅の間にあるのでアクセスもバッチリ!
ぜひご利用ください。

 

まとめ

ぜひ一度ご見学に行って頂きたい聴竹居!
春夏緑豊かな季節に訪れるのもひとつ、紅葉が綺麗な秋頃はとっても素敵です。

また、冬も雪が積もると神秘的ですよー。
聴竹居のHPはこちら
お申込みフォームからご見学予約ができます。

ぜひぜひ一度足を運んでみてください♪

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
4月に入社しました!佐々木美祐です。
大山崎生まれ、大山崎育ち、大山崎のことならNAVERまとめに負けません!笑
趣味は美術館巡りです。
そして、日本で一番おすすめの美術館はアサヒビール大山崎山荘美術館です!
どうぞよろしくお願いいたします。

大山崎町の自慢はここ! 木造エコ住宅【聴竹居】


2019.02.08

佐々木 美祐

LINE it!