太秦観光ならこの神社は外せない!?3本鳥居がある木嶋神社(蚕ノ社)

こんにちは!
花粉症でもないのに喉の痛みに苦しんでいる山井です。

今回は太秦のおすすめスポットをご紹介します!
「太秦」と聞くと「太秦映画村」を皆さん連想されるのではないでしょうか?
実は、太秦映画村以外にも太秦にはおすすめのスポットがあるのです!
それは、京都でも太秦にしかない珍しい神社です。
今回は、太秦でおすすめのスポット木嶋神社(このしまじんじゃ)をご紹介します!

目次

  • 太秦のパワースポット木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)
  • 下鴨神社の「糺の森」は木嶋坐天照御魂神社が始まりだった?
  • 日本で珍しい!?三柱鳥居(みはしらとりい)
  • 木嶋坐天照御魂神社のアクセス方法
  • まとめ

太秦のパワースポット木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)

今回ご紹介するのは太秦のおすすめ神社、地下鉄東西線「太秦天神川駅」の近くにある「木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)。
通称は「木嶋神社(このしまじんじゃ)」や「蚕ノ社(かいこのやしろ)」と呼ばれています。
太秦にある神社の中ではとても敷地が広く、敷地の殆どが森のように木々に埋め尽くされています。

こちらは木嶋神社の入り口にある鳥居です。
木嶋神社の鳥居は木で作られていて、伊勢神宮の鳥居を彷彿とさせます。(太秦にある神社の中でも木の鳥居は木嶋神社だけです)
鳥居を潜り中に入ると、正面に拝殿と本殿が待ち構えています。

境内の中には木々が両脇に生えており、小さな森のようになっています。
木々が多いため、太秦の街中ですが野鳥が多く鳥のさえずりを聞くことができます。太秦でこんなにも自然豊かなのはこの神社だけではないでしょうか。
木嶋坐天照御魂神社の創建は不詳されており、諸説ありますが史料からは701年の記事で以前の祭祀の存在が認められていたそう。つまり、701年以前には太秦に存在していた神社ということになります。これは、全国に約3万社あると言われる稲荷神社の総本社「伏見稲荷大社」が創建された年と変わらないか、それ以前ということになります。そうを考えると、太秦だけではなく京都としても歴史が深い神社です。
それでは、木嶋神社の本殿を見てみましょう。
木造で建てられた歴史のある木嶋神社の本殿です。社殿は明治以降に再興されたものらしいですが、とても歴史を感じられ、重厚感のある本殿です。
本殿に祀られている神様は下記の5柱で学問の神、祓いの神としてご利益があるそうです。

・天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
・大国魂神(おおくにたまのかみ)
・穂々出見命(ほほでみのみこと)
・鵜茅葺不合命(うがやふきあえずのみこと)
・瓊々杵尊(ににぎのみこと)

ちなみに、木嶋神社の創建には太秦周辺を開拓した渡来系氏族の秦氏(はたうじ)が関わったとされています。秦氏は嵐山にある松尾大社や伏見稲荷大社などの創建にも関わったとされており、京都の歴史においてとても重要な人物だったようです。秦氏がいなければ、太秦に木嶋神社が創建されていなかったかもしれません。

下鴨神社の「糺の森」は木嶋坐天照御魂神社が始まりだった?

前述しましたが、木嶋神社は木々に囲まれており境内の周辺は小さな森となっています。
実は、下鴨神社の森が「糺の森」と呼ばれるようになる以前に、太秦にあった木嶋神社の森が「糺の森」と呼ばれていたとされています。そのため、木嶋神社の森は「元糺の森」と呼ばれています。太秦に元糺の森があったとは地元民でも知りませんでした。
また、昔は境内に豊富な水が湧いており、池がありました。その池を「元糺の池」と呼ばれています。
残念ながら神社周辺の開発で現在は池が枯れていますが、夏にある祭司で「土用の丑」の日に「元糺の池」で足を池に浸す「御手洗祭」があり、その日だけは池に水が張られ、池を見ることができます。また、雨が強く降った翌日も池になることがありますので、運が良ければ見れるかもしれません!

日本で珍しい!?三柱鳥居(みはしらとりい)

三柱鳥居(みはしらとりい)という言葉を聞かれたことはあるでしょうか?
実は、日本国内でもとても珍しい柱が3つある鳥居が太秦の木嶋神社にはあります!!

神社の鳥居は2本の柱が一般的ですが、三柱鳥居は3本柱があります。この三柱鳥居の起源等は詳らかになっておらず、秦氏の聖地の松尾大社神体山(双ヶ丘・松尾山)と伏見稲荷大社神体山(稲荷山)の遥拝方位を表したとする説があるそうです。元糺の池の先にあるのですが、柵で囲まれており、目の前で見ることはできませんが、柵の手前からでもしっかり3本の柱を確認することができ、不思議な空間に包まれた感覚になります。太秦でこれだけのパワースポットは早々ないと思うので、貴重な神社です。

木嶋坐天照御魂神社のアクセス方法

アクセス方法は、市内を走る電車が便利です。
嵐山や太秦映画村の観光ついでに行くことができるので、その場合は木嶋神社から近い嵐電が便利かもしれません。

「木嶋坐天照御魂神社」(木嶋神社・蚕ノ社)
住所:京都市右京区太秦森ヶ東町50←クリックするとGoogleマップが開きます
京都市営地下鉄東西線 「太秦天神川駅」下車5分
JR嵯峨野線 「花園駅」下車徒歩10分
京福電気鉄道(嵐電)嵐山本線 「蚕ノ社駅」下車徒歩5分

まとめ

いかがでしたか?
今回ご紹介した太秦にある「木嶋坐天照御魂神社」は、京都はもちろん日本でも珍しい三柱鳥居を見ることができる神社です!
実は、僕も毎週木嶋神社に参拝しており、参拝してから運気が上がっている気がします。(あくまでも個人的な感想です)
太秦は太秦映画村や嵐山に近く、観光ついでに木嶋神社を寄られてみることをおすすめします。
歴史も深く、太秦の隠れたパワースポットな神社でもあるのでぜひ一度ご参拝ください!!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
山井カイト

山井カイト

京都生まれて28年経ちますが、京都が大好きで毎週京都観光を満喫しています(笑)
そこで、京都観光から得た情報から「京都住民だからこそ知る、お店や観光情報」を毎週発信していきます!
趣味:カメラ・神社巡り・読書

太秦観光ならこの神社は外せない!?3本鳥居がある木嶋神社(蚕ノ社)


2018.03.17

山井カイト 山井カイト

LINE it!