想いの詰まったリヴ大型木造ビル『su・ba・co』

こんにちは!リヴの吉本です。
本日は、リヴの取り組み大型木造ビルについてご紹介いたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

  • 大型木造ビル挑戦の経緯
  • 挑戦への想い
  • まとめ

・大型木造ビル挑戦の経緯

リヴが大型木造ビルの建築に取り組むことになったのは、本社移転の計画がきっかけでした。西京区に位置していた本社を向日市に移すという計画が進み、誰もがビルとなれば鉄骨か鉄筋コンクリートで建てるだろうと考えていました。しかし、その頃から木造の高層化が可能になり、リヴでは新たな挑戦として木造ビルの建築をすることになったのです。普段から私たちは、お客様に木材の良さをお伝えさせていただき、木造建築の特徴を知っていただいています。そんな私たちの拠点となる建物が鉄筋や鉄筋コンクリートの建物であればつじつまが合わないというところで、より説得力を高めるためにも木造にこだわりを持ちました。また、社寺仏閣のような日本ならではの風景と調和させるためにも、木材を使うことは日本の町並みに合うものだと自信を持ってお伝えしております。また、木造の建物は、鉄骨造や鉄筋コンクリートに比べ低コストでの建築が可能です。そして、京都で育った木材を使用することは、気候や風土にも適すると言われています。このようなことからも、木造建築は日本で最も快適に過ごせる建物だと言えます。

・挑戦への想い

大型木造ビルの建築にあたり計画を進める中、リヴが工務店である以上、普段から住宅建築の際にお世話になっている協力会社様の力で建物を建てたいという想いがありました。この強い想いからリヴの新社屋は普段からの協力会社様のご協力で建築することになりました。


もちろん前例の少ない木造ビルへの挑戦でしたが、手探りの中完成させたこのビルにはたくさんの方の想いが込められています。この挑戦を機に、関西初となる取り組みを見事成し遂げた職人さんが普段は住宅を建てているという点で、誰もが安心できる実績に繋がったのです。

・まとめ

 

今回ご紹介させていただいた大型木造ビルですが、工事を進める工程も通常の住宅建築とは全く異なります。使用する部材が大きいサイズのものであったり、見たことのないものがあったりなど、苦戦したところはたくさんあったそうです。何より工事に関わった職人さん全員が初めての経験であったいうことが大きな壁にもなってしまったそうです。そんな困難がありながらも、職人さんひとりひとりの力で完成したこのビルは、工事に関わった職人さん、そして私たち社員一同にとっても自慢であり誇りに思っています。

先ほどちらっとお話しさせていただいた通り、大型木造ビルは施工の難易度がとても高く、何より前例が少ないというのが現状です。しかしリヴは常に挑戦し続ける会社です。中高層木造商業ビルとしては西日本で初めての試みであり、まだまだスタート地点に過ぎませんが、今後の取り組みも是非皆様にご紹介していきたいと思います!

西日本初の大型木造ビル『su・ba・co』はいつでも公開しております!是非一度、皆様にも実際にご見学いただけると嬉しいです!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
吉本みさき

吉本みさき

京都生まれ京都育ち。インテリア雑貨や家具を見ること、観光、食べ歩きなどが趣味です。このブログを通じて、住まいに関するお役立ち情報を随時投稿していきたいと思います。

想いの詰まったリヴ大型木造ビル『su・ba・co』


2018.03.15

吉本みさき 吉本みさき

LINE it!