壁にネジやフックを固定したいときの下地探し

 

こんにちは!
アフターメンテナンス担当の中村です。
やっと暖かくなってきましたね♪
季節の変わり目の体調不良にご注意ください!!

さて、今回も住まいに関するお役立ち情報をご紹介したいと思います☆

無印〇品さんの壁面収納や、IK〇Aさんの壁につけるタイプのハンガーレールなど、
便利だし見た目も素敵であこがれますよね♪
時計や額縁などのインテリアを取り付けたいというときもありますよね。

そのように、重みのあるインテリアなどを壁面に取り付けたいときの
下地探しのポイントをご紹介したいと思います!!

 

目次

  • 壁の内側の構造は?
  • 下地探しの方法
  • まとめ

 

壁の内側の構造は?

ネジを固定することのできるポイントをご紹介する前に
クロスや漆喰などの壁面内側の構造を、建築途中の写真を用いてご紹介します☆
(ツーバイフォー工法)

まずは、構造部分です。

上図のように、455mmピッチで縦方向にツーバイフォー材が並べられています。
この、縦に並べられた木材が下地となります!!

 

次に、先ほどの構造材の間に「断熱材」を入れ、表面に「石膏ボード」を貼り付けます。

石膏ボードとは、防火性・遮音性をもつ内装用の建材です。
その名のとおり石膏でできているため、
ネジを打っても荷重をかけるとほろほろと崩れてしまい固定する事ができません。いるん

 

表面に段差や亀裂が入ってしまいにくくする為に、石膏ボード同士の隙間を「パテ」で埋めて平らにし、
その上からクロスを貼って内装壁の完成です。

 

下地探しの方法

以上のようにクロスや漆喰で覆われた壁面の内側には、
規則的に縦に取り付けられたツーバイフォー材、断熱材、石膏ボードが設置されています。

壁面収納や時計・額縁などを壁面に固定する場合は、先ほどもご紹介したとおり、
これらの内ツーバイフォー材にピンポイントでネジを打たなければなりません。

クロスで隠されて見えないのにどうすれば位置が分かるのか疑問ですよね?
ご安心下さい☆下地の探し方をご紹介します!!

先ほどご紹介した石膏ボードを貼る工程の写真です。

縦向きに釘が打たれていますよね。
これは、石膏ボードを固定するためにツーバイフォー材にめがけて打たれています。
つまり、この釘の下には下地となるツーバイフォー材がある事になります。

と、いうことは…

 

みなさん、『磁石』をご用意下さい。

磁石を壁面に当て、上下左右にスライドさせ、磁石が付くポイントを探してみてください。
磁石がくっつく箇所に釘があり、その下には下地があるということになります!☆

磁石が付いた場所の垂直方向であればご安心して少々重いものでも固定して頂けます!!

 

まとめ

いかがだったでしょうか??

今回は、普段目にする事がないであろう工事の工程をご覧いただき、下地の探し方をご紹介しました!!

楽しんでいただけたら、またお役に立てていただけたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

中村未波

長岡天神から快速で8分、大阪の高槻市から参りました中村未波です☆
6歳からサッカーを始め、2018年現在17年目に突入しました。
今はバニーズ京都SCというなでしこリーグ2部のチームでプレーしています!

お仕事は、工務部アフター課でお引渡し後の住まいの点検やメンテナンスなどを担当させて頂いています。このブログではメンテナンス関係などみなさまのお役にたてるような情報をご紹介できればと思っています。
よろしくお願いします!

壁にネジやフックを固定したいときの下地探し


2019.03.20

中村未波

LINE it!