梅雨入り前にダニ・カビ対策を始めましょう!!

 

こんにちは。中村未波です☆

ついこの間寒い冬を乗り越えたのに、もう気温が上がってきました。。。
気温の変化が激しいこの時期に体調不良が起こりやすいと良く聞きます。
みなさん、水分補給や休息を心がけて体調不良を未然に防ぎ元気に過ごしましょう!

2ヵ月もすれば本格的に暑い暑い夏がやってきますが、
その前に6月頃になるとジメジメと7すっきりしない梅雨を迎えます。

そこで、今回は「梅雨入り前の準備」をテーマにお送りします!
是非ご覧ください☆

目次

  • 梅雨になるとダニやカビが繁殖します
  • 梅雨入り前のダニ対策
  • 梅雨入り前のカビ対策
  • まとめ

 

梅雨になるとダニやカビが繁殖します

梅雨には、
北のオホーツク海からの冷たい風と
南の太平洋からの暖かく湿った風がぶつかるところに上昇気流が起こり、
雲が発生することによって毎日のように雨が降ります。

雨が続くことで湿度が高くなり、
かつ気温も上がってすっきりせず過ごしにくい梅雨ですが、
そんな高温多湿な環境を好み、ここぞとばかりに繁殖する悪い生物がいます。

それがダニやカビです。

ダニやカビが大量に発生してしまうと
アレルギーやぜんそくなどを引き起こしてしまう危険性があります!

以下、梅雨入り前のダニ・カビ繁殖対策方法をご紹介します。

 

梅雨入り前のダニ対策

部屋の中に生息するダニの約9割はチリダニと呼ばれるダニです。
そのチリダニは、人のフケや垢、皮膚のかけらなどのえさにする為、
布団やカーペット、畳などに生息しています。

梅雨になって繁殖し増えてしまう前に、ダニを退治しておきましょう!

①寝具や絨毯などにも掃除機がけが効率的です!
※ダニは夜行性の為、
室内を1時間程度暗くした後に掃除機をかけることで
表面に出てきたダニを吸い取ることができます。

②天気のいい日が多い今のうちにこまめに天日干しをしておきましょう!

梅雨入り前のカビ対策

住まいのカビが繁殖する3大条件が「温度」「湿度」「栄養源」です。
具体的には、
気温20~30℃、湿度70%以上、
ホコリやごみ、人の垢などの栄養素が多くあると繁殖しやすい環境となります。

湿度と栄養源を上手くコントロールすることで、カビの繁殖を予防できます。

①部屋の隅や家具の裏などにたまったホコリを取り除き空気が動きやすい環境を整えましょう!

②家具を壁から3センチほど離して置き、空気の通り道を作りましょう!
※すのこ等で床からも少し離すとより効果的です。

まとめ

いかがでしたか。

梅雨になると雨で湿度が上がるうえに室内干しでさらに室内の湿度があがり、
ダニやカビの繁殖が心配ですよね。

梅雨に入ってから、
除湿機をいつも以上に働かせたり、乾燥剤を置いたりなど
湿気対策を行っていたという方も多いのではないでしょうか。

今から出来る、今しかできないダニ・カビ対策をして梅雨に備え、
少しでも快適な梅雨を過ごしましょう!

 

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

中村未波

長岡天神から快速で8分、大阪の高槻市から参りました中村未波です☆
6歳からサッカーを始め、2018年現在17年目に突入しました。
今はバニーズ京都SCというなでしこリーグ2部のチームでプレーしています!

お仕事は、工務部アフター課でお引渡し後の住まいの点検やメンテナンスなどを担当させて頂いています。このブログではメンテナンス関係などみなさまのお役にたてるような情報をご紹介できればと思っています。
よろしくお願いします!

梅雨入り前にダニ・カビ対策を始めましょう!!


2019.05.14

中村未波

LINE it!