家づくりをお考えの方必見!『家づくりを成功させる資金計画』

こんにちは。
大山崎のことならNAVERまとめに負けない!佐々木美祐です。

最近はずっと大山崎のことを話し続けていましたが、
気分を変えて、家づくりをするにあたって必須!な資金のお話をしたいと思います。
今、家づくり考え中の方はもちろん、将来的に。と思われている方も今読んで頂いて、
損はさせませんよ~!

 

目次

  • 資金計画って?
  • うまくやりくりする方法
  • まとめ

 

資金計画って?

皆さま、家づくりには資金計画が大切って聞きますけれど
そもそも資金計画って何のためにするのでしょうか??

――そうです。家を建てるための予算を把握することです。

土地を探して新築をされる場合、土地と建物だけでなく、諸費用というものもかかってきます。
この諸費用、見落としがちですがかなり重要です。
諸費用とは、登記費用、仲介手数料、銀行さんの保証料・手数料、などなど…意外とたくさん。
総額の約1割程度といわれています。

例えば
家:2000万円
土地:2000万円
諸費用:400万円だとすると 総費用は4400万円となります。
この総費用4400万円をどのように用意するのかを考えていきます。

自己資金(頭金)いくらにする?

例えば、自己資金400万円の場合、(総費用)4400万円-(自己資金)400万円=4000万円となり、
この場合4000万円をローンとして借りることになります。

4000万円も借りられるの?

ローンの借り入れには、審査があります。
審査基準は、●勤続年数 ●ご年収 ●その他のお借入れ状況 のみっつが主に関わってきます。他に、●自己資金額 ●貯金額などなど、様々なものを参考にローンの借入額や金利が決まります。
Point*この人にお金を貸しても大丈夫か?を銀行さんがみるということですね!

うまくやりくりする方法

無理なく、返済していくには?

事前審査を4000万円の借入で通ったとします。
でも、本当に無理なく返済していけるのか、不安ですよね。

あくまでも目安ですが、月々返済や借入可能額を調べられるサイトがあったので
よかったらご参考に。

参考程度に入力してみたのがこちらです。※あくまで参考数値なのでご了承ください。
point*銀行保証料は、100万円お借入れに対して、25000円程
point*元利均等とは、毎月お支払いいただく返済額が一定
元金均等とは、元金の額が一定
元利均等は、月々の支払いが均等ですが先に利息から支払っていくため、元金がなかなか減りません。それに対して元金均等は、月々の支払いは変化がありますが、元金を均等に支払っていくため、総支払額は少なくなります。

 

日々の生活を含めた資金計画がしたい

さて、借入額から、月々の返済額まで目安がつきました。
でも…こちらは普段の生活費は全く考慮していないもの。

そこで登場するのが、ライフプランです!
無理のない借り入れで、新しいお家に住んでからにこにこで暮らしたいですよね!
食費、光熱費、交際費、娯楽費など普段の生活で使う費用から、
教育費、夢設計(海外旅行や車の購入♩)などを含め、
住宅ローン借入をした場合の生涯の資金プランができるのです。

ネットでも簡単なライフプランをすることができるようです。
もっと詳しいライフプランをしてみたい方はぜひお問合せを♩

まとめ

いかがでしたでしょうか。
少し資金のことご理解いただけましたでしょうか??

今日お伝えした資金のお話は、大枠でざっくりと。 ですので
気になる方は、お気軽にお問い合わせくださいね。
お電話:0120-811-731(リヴ 長岡京支店)

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

otokun_admin

家づくりをお考えの方必見!『家づくりを成功させる資金計画』


2019.06.14

otokun_admin

LINE it!