京都の気候に合うフローリングの選び方

初めまして!
リヴでリフォームを担当しております高垣です!京都も一段と寒くなってきましたね。
私は福井県出身でして寒さには強いはずですが、やはり朝起きるのはつらいです…。

さて!私が皆さんにお届けするブログ記事では、普段生活している中で
「困っているんだけど誰に聞けばいいかわからない…。」
「ネットで検索したらでてきたけど、本当のところどうなんだろう?」などの
住まいに関してのお困りごと・疑問を解決して皆さんがより快適な日常生活を
送って頂くための知って得する暮らしの知恵を発信していきたいと思います!

今回は、タイトルにもありますように「京都の気候に合うフローリングの選び方」
新しくお家を建てられる方、リフォームまたはDIYで床を張り替えようかな?
とお考えの方などなど少しでも気になればぜひ読んでいってください!

【京都の住まいは天然木(無垢)のフローリングがオススメ!】
京都の気候は夏は温度だけじゃなく湿度も高く、冬は「底冷え」と表現されている程
身体の真から冷えるような寒さが続くのが特徴ですよね。
そんな京都の住まいには一般的な住宅やマンションなどでよく使用されている
複合フローリング(表面に化粧材を貼り合せたもの)よりも天然木を使用した
無垢のフローリングが断然オススメです。

~なぜ天然木(無垢)のフローリングがオススメなの?~

オススメポイント①:【木材特有の調湿効果がある】
・木材は、空気中の湿度が高い時には水分を吸収して、湿度が低い時には水分を放出するという
調湿作用をもっています。また高い断熱性もあり、季節に応じて部屋全体を調湿してくれるので
京都の気候にはぴったりなフローリング材といえます。


オススメポイント②
:【化学製品を使っていないのでアレルギーなどの心配が少ない】

・よく使用されている複合フローリングは、単板を何層も重ねて作られているためその分
接着剤の使用量も多くなります。 接着剤には、シックハウス症候群の原因となる物質が
含まれていることもあるため接着材を使わなくてもよい天然木(無垢)の フローリングは
安心して使って頂くことが出来ます。


オススメポイント③
:【木材本来のほのかな香りにはリラックス効果がある】
・香りがある天然木(無垢)フローリングの中で代表的なものといえばヒノキやスギです。
香りの好みもあるとは思いますが木材が放つほのかな香りにはリラックス効果があると言われており
お家に居ながらもリラックス効果が期待できるなんて素敵ですよね♪

天然木(無垢)のフローリングと言っても種類が多く、決めるのに迷われる方も多いと思います。
そこで、特におすすめしたいのは京都で育った地産地消の木材を使ったフローリング。
リヴでは(スギ)の木を使った『みやこ板』を幅広いお客様にご提案させて頂いております。
リヴの本社であるスバコの1階打合せスペースでも使用しているのでぜひその温かみを
体感してみてください!

次回は「塗料で変わる天然木(無垢)の表情」についてUPします!
お楽しみにっ。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
高垣ほなみ

高垣ほなみ

リヴでリフォームを担当しております。京都ならではの暮らしのお困りごとを改善し少しでも皆さんのお役にたてるようなブログをUPしていきますのでよろしくお願いします!

京都の気候に合うフローリングの選び方


2018.02.06

高垣ほなみ 高垣ほなみ

LINE it!