国家戦略特区の認定を受けた民泊とは?

国家戦略特区の認定を受けた民泊とは?旅館業法「簡易宿所」以外での合法の民泊その1)

前回、書いた記事の文末に、合法で民泊を運営する方法は①「旅館業法(簡易宿所)の申請」以外に、②「国家戦略特区での特定認定を受ける」こと、③「住宅宿泊事業法での許可を取る」方法があるとお話しました。今回は②の国家戦略特区での特定認定を受けることについて詳しくご説明をしていきます。

実は次回ご紹介しようとしている住宅宿泊事業法は乙訓も対象になるのですが、今回の政策は乙訓地域では取り組まれていないので、地域情報ではないです。今回は京都で流行っている民泊を、合法でやるにはこのような方法もあるのだと参考にして頂ければ幸いです。

国家戦略特区での特定認定といいますのは、難しい言葉ですが、「国家戦略特別区域内」にて「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業」の認定を受けることです。この認定をうければ合法での民泊運営が可能になります。

まず「国家戦略特別区域」についてお話します。これは、日本政府が世界で一番ビジネスをしやすい環境をつくることを目的に設けた区域です。この区域内ではビジネスを始める上で障害になる税制面の優遇や、その他規制・制度の大胆な緩和が行われています。

観光、教育、農林水産業、介護など11分野で優遇、緩和措置があります。

その観光分野の中に民泊の項目があり、民泊の条例は「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業に関する条例」と呼ばれています。国家戦略特区で認定を受け民泊を行うためには、国家戦略特区に指定されているエリアであることに加えて、上記の民泊条例を制定している自治体であることが必須条件になります。

国家戦略特区で認定を受けて民泊が行える場所(計画認定段階のものも含む)は、東京都大田区、北九州市、千葉市、大阪府、大阪市、新潟市になります。

民泊に関していいますと、この区域内では旅館業法の申請ではなく、「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業」の認定を受けることが出来れば合法で民泊営業が可能になります。

次回は住宅宿泊事業法につきましてご紹介をしていきます!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
オキリュウイチ

オキリュウイチ

はじめまして オキ リュウイチです。

私は、リヴが所有している向日市の起業家シェアハウスに住んでいます。
このシェアハウスは、築40年程度建っていた1棟のアパートをリヴでフルリノベーションをし、起業をしている人、起業を目指している人、とにかく刺激を欲しい人など様々方に住んでいただくコンセプト型のシェアハウスになっています。

簡単に自己紹介をさせて頂きます。
山梨県生まれ。千葉県市川市→京都府向日市へ。
趣味は硬式テニス(中学、高校の6年間テニス部でした)

このブログを通じて、向日市のランチやディナーの情報や不動産仲介業の立場から、不動産の豆知識をお伝えできればと思います!
オキリュウイチ

最新記事 by オキリュウイチ (全て見る)

国家戦略特区の認定を受けた民泊とは?


2018.03.09

オキリュウイチ オキリュウイチ

LINE it!