照明は明るい方がいいって嘘?ホント?

こんにちは!
お風呂に入る時は、電気を消して入るのが日課の大石です。

なんで?って聞かれると落ち着くから消しているのですが、明るいところにずっといるとなんだか疲れてしまうんですよね。

そんなことってありませんか?
ちなみに、個人的に好きな暗さは、映画館のエントランスや、U○Jのスパイ○―マンのアトラクションの薄暗さとか落ち着きますね~

と、余談は置いておいて、本日はそんな照明の豆知識についてお話したいと思います。

<一室一灯の時代から一室多灯の時代へ>

今や生活になくてはならない存在となった照明ですが、昔は照明器具といったものはなく火の明かりで一晩を過ごし、日中はお日様の光で過ごすのが一般的でした。

よく時代劇などでもでてくる灯篭や提灯の明かりが昔の主な照明となっていたんですね。

しかし、照明器具が普及し始めた頃から、各家庭には照明器具が導入され、今までなかった道端の外灯照明や、街中の照明など照明の照度を過度に上げる習慣が広まり、今や明かりは生活に欠かせないものとなっています。

<照明は明るい方がいいって嘘?ホント?>

照明が普及したことにより、人々の生活はより豊かに、心も明るく照らされました。が、しかし、今まで自然的な光で過ごしてきた人間の体は、日中浴びる照明の光により、体内時計が少しずつ狂ってきているのも事実です。

照明が普及するまでの人々の生活は最小限の火の光を使い、太陽の日照時間に合わせて生活をしていた為、一日のサイクルが一定に繰り返されるのが普通でしたが、照明が普及した今はどうでしょうか。

朝、太陽の光で目覚めたとしても夕暮れと同時に部屋が暗くなることはなく、日中同じ照明の下で暮らしていらっしゃる方が大半だと思います。

照明が普及したことにより、日本の生活は明るく便利になりましたが、その反面、自然的な光で過ごすことが少なくなってきていることも事実です。

では、どうすればより適した光の中で日常生活を過ごすことができるのでしょうか。

 

それは、シュチュエーションに応じた照明を使うこと   です。

照明にはランプの種類や様々な照明器具の種類がありますが、それを使用する時間帯や、シュチュエーションによって変えることで、生活リズムに合わせた光の明るさを調整することができます。

<まとめ>

いかがでしたでしょうか?
普段何気なく生活している中でも、その場に適した明るさや照明器具が使用されています。
照明は照らすだけのものではありません。シュチュエーションに応じた照明を選び、過ごしやすい空間づくりをしていきましょう!
次回はシュチュエーションに応じた光の明るさについて書いていきたいと思います。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
大石ウララ

大石ウララ

生粋の京都人(田舎育ち)
趣味は目的もなくぶらぶら町を歩くこと。
仕事は注文住宅の営業をしています。お客様によく聞かれるお悩みや住まいに関する基本的な知識をカンタンに分かりやすくお伝えできればと思います。よろしくお願いします!

照明は明るい方がいいって嘘?ホント?


2018.05.01

大石ウララ 大石ウララ

LINE it!